菜切包丁

主に野菜を切るために日本の台所で古くから使われてきた伝統的な包丁です。キャベツや白菜など、かさのある野菜の千切りなどをスムーズにできるように、直線的な刃と四角形の形状をしています。義平刃物が造る当店の菜切包丁は、アゴ(手元に近い角の部分)の角ばった西型と呼ばれる菜切包丁の刃幅を一般のものよりも狭く造って、あつかいやすくしたオリジナル型です。